エネルギーの地産地消で地方創生
エネルギーの地産地消
私たちの理念は「エネルギーの地産地消による新たな地域経済基盤の創出」です。これまで地域経済の基盤となるエネルギーは、地域外から購入するしか選択肢がなく、結果的に地域外に資金が流出していました。
この度、平成28年4月からの「電力自由化」を契機に、地域内にエネルギー供給事業者が存在することで、エネルギーの地産地消が促され、地域外への資金流出の抑制と地域内での資金循環が可能となりました。
新たな地域経済基盤の創出
この「エネルギーの地産地消」により地域経済の基盤が強化され、地域経済の自立の一助になるものと期待されます。これは、国が進めている「地域創生」の概念にも一致することから、地域内の電力及び熱供給事業や電源熱源開発事業などを推進することでエネルギーの地産地消を進め、新たな地域経済基盤を創出することを目的とします。